2021/01/19

コロナ禍と大不況に備える。

日本の「医療崩壊」は既に始まっているのか

 
まあ正直言って、以前からこういうことになるんじゃねえかと思ってました。
 
安冨歩先生が言ってたんですが、「国や自治体の優秀な役人たちが何とかしてくれる、何とかなる。なってないのはシステムか何かの問題であり、それを見つけて解決すればうまいことやってくれる・・・と思ったら大間違い」なんです。
 
そもそも役人がバカで無能なんです。そういう人間しか役人になれないし。まともな人が役人になっても、干されるか付いていけなくて辞める。残ったのはクズ(損得勘定、法の奴隷、言葉の自動機械by宮台真司)だけです。どうしようもありません。もうダメでしょう。
 
コロナ禍と大不況。
 
私たちはこれから多くの屍を踏み越えて生きねばならないと思います。もはや絶望しかありません。しかし、絶望の中にこそ希望がある(by宮台真司)と思います。誰に何を言われようとも「非国民」になって、耐え凌いでしぶとく生き残るしか無いでしょうな。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。