2021/01/31

菅さんはブレない「国民は国家のためにある」

「まだ自助をいうのか」蓮舫氏が菅首相に反論 給付金否定、「生活保護ある」発言に 
 
>>首相は「最後は、国のセーフティーネットがあるわけで、そうしたことを信頼する社会をつくっていきたい」と語ると、
 
菅さんはブレない。徹底かつ一貫して国民に自助を求めるだろう。「国民は国家のためにある」のだから、国が潰れそうな時に何言ってんだと。自分でなんとかしろよと。そういう思想です。国民皆保険・年金制度は廃止、生活保護一本にするんじゃないかって、安冨先生が言ってたよ。
 
再三にわたって言ってきたことですが、いま私たちが自分で撒いてきたタネを刈り取る時期だってことです。もう遅いです。

備えましょう。コロナ禍と大不況、戦後最大最悪の苦難の到来です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。