2024/06/15

【格安航空券】30日前に払戻:実際に返ってくるのは半額未満。

この度故あって7月に予定していた広島行きをキャンセルしました。使おうと思っていたのは成田発広島行きSPRING JAPAN(春秋航空LCC)です。

LCCに限らず、航空券は制限が多いほど安くなります。私は水戸に住んでいるので茨城空港からスカイマークをよく使います。スカイマークには「たす得」「いま得」といった制限つき割安料金が設定されていて、キャンセル料が高い、日程変更できない(たす得は可能)といった制限と引き換えに割安に利用できます。

SPRING JAPANでは、「ラッキースプリング」「スプリング」「スプリングプラス」という3タイプの運賃があります。キャンセル料や変更制限に加えて、荷物の量の制限度合いによって運賃が変わるものです。

今回私が予約したのは、最安のラッキースプリングでした。広島往復運賃16,140円程度でした。これに支払手数料1,200円がかかります。…ん?支払手数料?これクレカ会社に怒られるのでは…? まあいいです。私は広い席がよいので、この他付帯サービスの最前席指定で、1,200円の往復分2,400円を払いました。合計で19,740円でした。

都合によりこれをキャンセルしました。30日以上前で取消手数料7,680円でした。ここで注意が必要です。払い戻し対象は運賃のみということです。

  • 払い戻しの際は、お預け手荷物・座席指定などの付帯サービス料金を除く運賃額から払戻手数料を差し引いた金額を払い戻しいたします。付帯サービス料金、新規予約手数料、支払手数料、変更手数料などの各種手数料は払い戻しの対象外となります。

決済手数料や付帯サービス料金は返金対象ではないので、運賃16,140円から7,680円を差し引いた返金額は 8,460円 でした。実質的なキャンセル料は10,860円です。付帯サービスを使わなくとも、購入時の決済手数料もありますから、それを考えるとやはりキャンセル料は実質半額以上となります。つまり、返金額は半額未満です。

最初から変更やキャンセルに制限のない航空券を買っておけばよいわけですが、買うときは中止になる可能性など考えていないものです。人として生活している以上、起こり得ることです。 少なくともこういった制限を事前に確かめておいて、覚悟して買ったほうがいいと思いますね。

2024/05/26

Google One の容量課金は iOS の Gmailアプリ経由が最安。

昨今の円安やら物価高で、数十年前の昔のように、Appleデバイスが高くて手が出にくくなりそうです。Googleのほうがクラウドサービスも含めて全体的には安いですから、いずれは泥スマ、泥タブ、クロムブック(またはWindowsPC)に移行する予定です。

※正直、AppleはAIの流れに乗れてない気がします。とはいえGoogleもかろうじてかな。

 


2023年にマイフォトストリームがなくなってiCloudフォトへと移行したのですが、200GBで月額400円、年間4,800円の負担増になりました。

Googleドライブだと200GBで年額3,800円で、Appleデバイスの親和性を別にすればお得です。割り切って使用するには良いと思います。

しかし、このGoogleドライブの容量課金は、iOSアプリ経由だと金額が異なる謎仕様になっています。たとえば、200GBを、iOSアプリのGoogleフォト経由でみると3,400円、同じくiOSアプリのGmail経由ではなんと3,100円となります。

ただし、Gmaiアプリ経由だと、上位課金のAIプレミアムには入れないようです。

競争力のためなのか、普及させて泥に引き込むためか、いずれにしてもちょっと安く設定されています。特にiCloud Driveにはない100GB設定もあります。課金容量が50GB以上になると、iCloudドライブとGoogleドライブとの課金料に差が出てきます。移行を考慮してみてもよいのではないでしょうか。


2024/05/20

【石川県】能登島マリンパーク海族公園

 能登島は七尾湾にある島です。本土とは2本の橋でつながっています。海に囲まれた、たいへん美しい島であり、本土能登地域と同じく水田も整備されています。七尾湾内には野生のイルカが生息していて、イルカウォッチングもできるようです。ここは島の南、マリンパーク海族公園です。海水浴場を囲む埠頭のように防波堤が突き出ていて、舳先まで来るとごらんのように360度海を見渡せます。

 

復旧が進んだら、ぜひイルカに会いに来たいものです。 

【富山県】菅沼合掌造り集落

合掌造りの文化圏は、岐阜県だけじゃなくて富山県にもまたがっているのですね。庄川沿いにあるようです。有名な白川郷のほか、少なくとも数個の集落が世界遺産に指定されています。こちらは富山県の菅沼合掌集落(世界遺産)です。


菅沼という地名のとおり、沼地のようです。茅葺の合掌造りが10軒以上は建っています。国道からはエレベータで降りることができますが、歩いて降りることもできます。世界遺産らしく外国人の団体が見学に来ていました。休日の昼時は混んでいて、合掌造りの食堂は2軒とも満席でした。

一般の民家なので、内部見学は資料館のみになります。この集落では火薬を製造してたみたいです。高く売れたのでしょう。合掌造りの内部を見ることが長年の夢でしたが、ようやく見ることができて満足です。

 

2024/05/19

【石川県】#志賀町 #災害ボランティア

 
今回は志賀町でのお手伝いでした。石川県(社協)を通しての募集で、バスで現地入りするのではなく、現地集合での募集でした。

 
志賀町の最大震度は7です。ただ、震度7というのは局地的なものだと思います。私が眺めた限り全体的には珠洲や輪島ほどではない印象でした。(やはり奥能登の方が被害が大きいうえに復旧が後手になっているので深刻だと思います。)
 
 
お手伝いしたのは志賀町北方の富来地区笹波という地区のお宅でした。棚田と漁港を併せ持つ集落です。非常に狭い路地を4台の軽トラで入って、災害ゴミである破損家具を運び出しました。中能登町でお手伝いしたお宅と同じく、ご高齢の女性の一人暮らしでした。9人が派遣されただけあり、かなりの分量でした。事前調査で把握されていたニーズが、実際にお話を伺いと違っておりました。リーダーが間に入って交渉し、引き取れる範囲で引き取りました。引き取れないものは玄関に運び、シルバー人材センターや近隣の人が運んだようです。災害ゴミの仮置場に1往復して終了しました。まだ積み残しはありましたが、明日以降の参加者に引き継ぎました。
 
志賀町のボランティアセンターは富来地区に移転するとのことです。富来は志賀町の中心地から車で30分ほどかかります。いわき市における勿来地区のような感じです。災害支援拠点から遠いと、ニーズ把握や支援活動が遅れます。移動に時間がかかるからです。(今回のお宅も、中心から近ければ、2往復して当日中に終了できたかもしれません。)富来地区が後回しになっているのだと思います。だから効率を考え、富来地区に拠点を移すのでしょう。
 
行政区の合併が続きますが、それは防災拠点の減少を意味します。石巻市の旧雄勝町、いわき市の旧勿来町と同じく、志賀町の旧富来町も、合併がなければ復旧復興の速度が違っていたかもしれません。合併が避けられないなら、同時に地域防災についてフォローしておかないと、取り返しのつかない悲劇を生んでしまうことになるかもしれませんね。
 
翌日は能登島を一周しました。ここも七尾市の旧能登島町だったようです。橋が2つありますが、1つはまだ使えません。いま使用できる橋も、風速20m以上で通行止めになるとのことです。災害派遣・ボランティアの車両にも出会いましたが、強風の日は派遣できないのでしょうね。孤立した場合に備えて、島内にしっかりした防災拠点が必要だと思います。
 
ちなみに能登島は本当に美しい島でした。七尾湾には野生のイルカが生息しており、イルカウォッチもできるそうです。今度は観光で行ってみたいです。能登の災害ボランティア参加は、今回で終了(のつもり)です。機会があればまたなんらかのかたちでお手伝いしたいと思います。